So-net無料ブログ作成

生活情報ブログ 暮らし 家事 節約 健康 美容 ダイエット 観光旅行 イベント

おいシート 体験談 保温ご飯も炊き立ての美味しさ ♪

炊き立てご飯


保温状態のご飯は、時間が経つとどうしてもパサついて、硬くなり、

なにより、ご飯の美味しさも失くなってしまいますよね。

そんなご飯のおいしさを保ってくれる「おいシート」を使った方の

「ご飯がいつまでもおいしく食べられうれしい」レビューには

私も、心動かされた一人でした。

確かに、炊き立てのご飯が、色つやも美味しさも、一番いいですが、

大抵は、2日....3日と保温状態で残しますよね。

あるあるな話、2日目にはもう、ご飯自体に、パサつきが出始めます。

出来ることなら、保温した状態のご飯でも、炊き立ての味そのままで、

おいしく食べたいものですよね。

クチコミ評判がきっかけで、私も使い始めた「おいシート

今回、手持ち分を使い切ってしまったので、再度購入しました。

保温したご飯を長持ちさせるおいシート体験


私は毎回使い切る直前にネットで再度注文しています。

おいシート


使い方は裏面に記載してあります。

おいシート


光沢のある面を上にして、炊き上がったご飯の上にのせ、

軽く手で押さえるようにして使います。

もちろん保温したご飯をすべて食べきるまで、

このシートは使えますよ。

おいシート本体はこんな感じです。

おいシート


さて、使用状況はこんな感じ。炊き立てのご飯にシートをのせる。

炊き立てご飯

おいシート

ごはんをよそう時は、シートについているつまみを掴んでめくります。

おいシート

保温するごはんの量が多いほど効果的なのも助かります。

私の体験談では、2日以降のパサつきもなく、

美味しくいただけるようになったのが、嬉しいかぎりです。

実際、私は出来るだけ一日で食べきれるご飯分を炊くようにしていますが、

それでも、やはり人間...疲れて面倒な時、明日忙しいから...

沢山ご飯焚いとくかな~~なんて時に、このおいシートを利用します。

逆に言えば、たくさん炊きすぎても、このおいシートをかぶせておけば、

「ご飯まだ炊飯器に入ったままだ..!! はやくたべなきゃ~~痛んでしまう[あせあせ(飛び散る汗)]

なんて心配がなくなるのは助かります。

たとえば、イベントなどの行事で、大量のご飯を炊くときなんかも、

ご飯を長時間保温しておかないといけない、そんな時にも、

この保温シートを使えると思います。

また、子供の多いご家庭で重宝するかもしれませんね。


東洋アルミ おいシート5.5合・1升炊き兼用

東洋アルミ おいシート5.5合・1升炊き兼用

  • 出版社/メーカー: toyo arumi
  • メディア: ホーム&キッチン


おいシートを使うと何故、炊き立ての味で保温できるのか?


ところで、このおいシートは何故・? 保温してあるご飯を、

炊き立ての味そのままで保存できるのでしょうか?

先ほどの「裏面の特徴」というとこに説明書きがあります。

おいシート


この「おいシート」は、特殊多層構造になっていて、

保温状態にあるご飯の含有水分を長時間適度に保ってくれるので、

パサつきを防いで、炊き立てのふっくら状態で保温してくれるそうです。

なるほど....!!!!


それと、私はこのおやじギャグのようなネーミングも気に入っています。

ご飯が主食の日本人としても、このおいシートを使って、

日々の食生活をこれからも、美味しくいただきたいですね。

 カテゴリ

 タグ

血流改善で不調を正す 紅花紹興酒の作り方と基本知識

紅花


紅花は、血行不良や、冷え性、月経不順、貧血などの時に、

用いられる生薬としての効能があるとされるため、

この紅花に加え、無月経や冷え、疲労回復に作用するシナモンと、

薬膳料理などに用いられ、肝臓疲労や疲労回復に良いとされている

クコの実、そして市販の紹興酒を使った紅花ハーブ酒【紅花紹興酒】の

作り方と、紅花の基本概要を紹介します。

紅花紹興酒の作り方


材料さえ揃えれば、作り方はとても簡単なので、

一家に一瓶【紅花紹興酒】を保存しておいて、

いつでも飲用出来るようにしておくといいでしょうね。

『用意する材料』

紅花約10グラム ●紹興酒約350ミリリットル
●乾燥したクコの実約20グラム ●シナモン約2分の1
氷砂糖約60グラム
ホワイトリカー35度 約350ミリリットル

『作り方』

まずは、用意したシナモンを粗めに砕いておきます。

クコの実の果実を半分くらいに切っておきます。

密封のガラス瓶に、用意しておいた上記の材料を全部入れて漬け込みます。

それが済んだら、日の当たらない涼しいところに保管しておきます。

一週間に一、二度ほど、瓶をゆすりかきまぜておくのがポイントです。

早ければ、2週間ほどで出来上がるので、この後に飲みやすくするために、

中のお酒をろ紙を使いろ過させて、出てきた紅花紹興酒を別の瓶などに

移しておくとよいでしょう。

Sponsored Links




紅花について


紅花 safflowerは訓読みで『べにばな』と読むのが一般的ですが、

音読みで『コウカ』と読むこともできます。

紅花の花は7月頃が開花で、咲き始めは黄色で、

しだいに赤色に染まっていきます。

紅花

花言葉は『情熱』『几帳面』『特別な人』『化粧』など...

原産は、中央アジア、地中海の沿岸で、

西暦501年から西暦600年ぐらいの間に、高句麗の僧侶の人が、

日本に紹介したとされていて、この時代の藤ノ木古墳から

紅花の花粉が、調査によって見つかったことで、

推古天皇の頃に、紅色の染料や女性の口紅として

利用していたと考えられています。
 


紅花の種子からは、コレステロールを除去する『リノール酸』が、

含まれているため、現在でもべに花油などでおなじみの、

食用油として利用している人も多いですね。

油特有の油っぽさも無くさっぱりとしているので、

サラダのドレッシングに『べに花油』を使う人も多いですね。

また油のすすは墨としての用途もあるそうです。

 タグ

So-net無料ブログ作成