Sponsored Links

コバエ



夏になるとこの悩みが出てくるのかと思うと、うざったい気持ちにさせられてしまう!!

その悩みの正体は.....「コバエ

そんな夏の迷惑な飛来虫でもある「コバエ」に

毎年悩まされないための、効果的な コバエ駆除方法 と、

悩みが解消されない駆除の誤ったやり方を説明します。


だけどほんと、コバエに関しては苦労している人も多いですね.....!

市販のコバエとりを使ってそれなりに獲れるけど、

またいつの間にかコバエが大量発生している! ?......

ちらちらと目の前を飛び回りめざわりこの上ない!!

夏場だから窓閉め切って暮らすわけにもいかない!!

網戸の隙間からも入ってくる小さい奴らに手の施しようもない!!

今では効果のあると言われるリボンタイプからお金をかけずに自分でつくれる、

簡単な麺つゆトラップや洗剤トラップなどは結構効果があるみたいですが、

中にはそれでもさほどの効果がないという人の声も聞えてくる実情に

ちよっと疑問!?

注意何故、使う物はみんな一緒なのに、効果が人それぞれなのでしょう?
または、駆除剤を使ってそれなりにコバエ退治もできているのに、

注意コバエがいっこうに減る気配がないのは....なんで?
実は....それらの原因には駆除剤の使用方法が関わっていたのです。

Sponsored Links

コバエ駆除が効かない ! 意外な理由 !


コバエを取る製品やトラップものには大別して2種類あります !

注意して誘引捕殺剤「寄せつけてから、とらえて殺す効果」
注意して忌避剤(きひざい)「寄せつけないようにする効果」
この2つに分けられます。

コバエのような飛び回るタイプの虫は、

生ごみとか誘引捕殺剤の臭いに敏感に反応するので, 

家の外に飛んでいる虫も誘いこんでしまいます。

-生ゴミをきちんと処理していても、どうしてコバエが減らないの???-

という人は設置している誘引捕殺剤が引き寄せている可能性もあります。

誘引捕殺剤の成分というものは、家の中の気密性が高くなるほどに

濃度が高くなるという相乗性があるので、

コバエを引き寄せてしまうという悪循環が発生してしまいます。

注意して窓を開けると大量の小バエが入ってくる原因

たいていは外出する際、家の窓を閉め切って外出しますが、

日中の暑さで帰宅する頃には、家の中は蒸し風呂状態ですよね...?

当然室内の気密性はマックスになっていますから、

台所に置いてある誘引捕殺剤との相乗効果により、

窓を開けると大量の小バエが、引き寄せられてしまうのが真相です!

むろん網戸などを通り抜ける極小のコバエはすり抜けて入ってきてしまいます。


さて....原因がわかったところで、コバエ駆除の効果的な方法を見ましょう。


すでに室内にいるコバエには、誘引捕殺剤で一網打尽させます。

屋外にいるコバエの侵入を防ぐには忌避剤で対応していくのです。

注意してコバエの侵入を防ぐためのやり方
注意してすでに室内に寄生しているものへの対応

駆除方法の使い分けが必要だったのです!!

室内にいるコバエ駆除には、エアゾール式殺虫剤が効果あるといわれています。

【ハエ取りリボン】



屋外にいるコバエの侵入を防網戸や窓ガラスなどから防ぐ...

注意して薬剤を蒸散する殺虫器が効果的と言われています。

【虫コナーズ網戸用】


≪そのほかの効果的忌避剤≫
虫除けスプレーに!虫さされの薬代わりに



網戸から侵入するコバエを防ぐ最終手段


/ コバエ 網戸 対策 網戸張り替え /

最近この 防虫網 メッシュ がコバエの侵入も防げるとの

うれしいレビューも見かけます。

コバエの侵入を網目26メッシュで防ぐことができるなら、

願ってもないことでしょうね。

メッシュとは、1インチ(※2.54cm角)の中に、

縦横何本の糸が入っているかという基準にしていて、

メッシュの数字が大きくなるほど網目が細かくなります。

網戸張替えネット 防虫網 26メッシュ (巾91cm×長さ30m)


網目が細かくなってコバエの侵入を防げるのはいいけど、

通気性がないと、夏場はたいへんでは....でも上記のメッシュは使用後のレビューでも

通気性がとてもいいと認められています。

あくまでも最終手段として この網目メッショ対策もありかと思いますが、

毎年このクロバネキノコバエに悩まされている方には、お薦めできるかと思います。

(正式名称⇒チビクロバネキノコバエ)の被害は最悪でして、

網戸の隙間からでも, フローリング床の0.5mm以下の通気口さえも

すり抜けて通ってしまう極小ハエで、防御方法がなくて困っている人も多いと聞きます。

クロバネキノコバエ

・平成19年⇒静岡県熱海市に大量発生
・平成22年と23年⇒愛知県豊橋市に大量発生
・平成23年⇒京都府宇治市に大量発生
●早朝の7時~10時に大量発生する(注:7~8時頃が最も多い)

梅雨明けした早朝の7時~10時の晴れた涼しい時間に大量発生するので、

その時期(6月の中旬頃~9月下旬頃)時間を狙って対策するとよいでしょう。

換気扇やクーラーからも入ってくるので7時頃~10時頃にあまりつけない.

発生する場所に黒紙やボードあるいはシートと、

ガムテープで目張りするなどの対策で回避している方もおられます。

ポイントは、黒色のボード.シート.ガムテープで目張りですね。


≪コバエの種類と傾向≫

/ コバエ⇒微小なハエのこと。
  1. ショウジョウバエ / 体長約2mm 黄褐色の体に赤い目の体色。

  1. ノミバエ / 体長約2mmから3mm 黄褐色または黒系の体色。

  1. クロバネキノコバエ / 体長約2mmから4mm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1. コバエ発生気候条件 / 20〜25℃の条件下で発生しやすい。

  1. コバエの性格  / 尖っているものが好き。赤い色が好き。生ゴミ好き。

  1. 甘い香りに弱い。

  1. 明るい・白い」ところに集まる



「コバエ駆除の効果的なやり方のまとめ」

使っている駆除剤もこのように使用方法を誤ると、逆効果になってしまうので、

逆にコバエを駆除するつもりが誘うことのないようにしたいものです!

正しい知識と駆除方法を実践して、コバエに煩わされずに

快適な夏を送りましょう!
Sponsored Links