Sponsored Links

残尿感 ひん尿を我慢している男性



残尿感・ひん尿・尿漏れの効果的な解消法を紹介します !

ひん尿.残尿感に効くツボ、ひん尿や残尿感解消の薬、

頻尿に効くサプリメントを、原因を解りやすく解説しながら、

今すぐに実践できるポイントを見ていきます。



残尿感とはトイレで排尿をした後にも関わらず、

まだ体内に尿がたまっている感覚があることですが、

これってけっこう嫌な感じですよね !

年齢を重ねるとこの感覚も多くなってくる傾向もありますが、

原因によっては 年齢に関係なく起きてしまうのも実際あるようです。

この症状は、ひん尿につながる場合があります!

この感覚は妊娠という状態の時でも起こり易い感覚のようです。

女性と男性では異なる場合もあり、同じ病気による症状の場合もある。

明確に原因が特定できないケースでは、ストレスが原因だったりします。

このように原因自体も非常に幅広い原因があって、

直接的な原因が把握できる場合から、全く把握できない場合まであるようです。

この残尿感.ひん尿を改善するための症状の原因と解消法を見ていきます!

Sponsored Links

残尿感 特徴と原因


残尿感

残尿感は、排尿がしたい感覚があるのにトイレに行っても実尿が殆ど出ない...

尿が残っている感覚がある為、トイレに行きたい感覚がずっと続く特徴があります。

原因のひとつとしては、明確に原因が特定できるケースとして膀胱炎があります。

この膀胱炎は女性、男性共にかかる症状ですが、

一般的に女性の方がなりやすいのが特徴。

この膀胱炎とは⇒尿をためておく膀胱に炎症が出てしまう症状です。

女性が膀胱炎になりやすい理由は、男性は尿道が女性よりも長い為、

雑菌が尿道口に付着しても膀胱まで中々届き難いという傾向があります。

けれども女性は男性よりも尿道が短い為に膀胱炎になりやすく、

結果残尿感を発症する傾向が多い。

逆に男性の場合、前立腺肥大など、主に前立腺に関係する病気、

尿が膀胱内に残っている感覚を体験します。

男性にみられる残尿感の特徴がこれにあたり、原因として考えられています。

この様な直接的な病気とは違い、

不安や悩みといったストレスに由来する残尿感の場合、

体自体には問題は無く健康であることが多いようです。

原因が膀胱炎である残尿感の対策


膀胱炎は細菌が原因で発症することがありますが、

最も気をつけたいことは、トイレを我慢することによって引き起こされる場合です。

残尿感 ひん尿を我慢している男性

そもそも排尿行為は、膀胱内と尿道内をクリーニングする作用があります! 

膀胱にたまった状態の尿にも細菌が存在することもありますが、

膀胱自体は細菌に対して、ある程度は耐性をもっているのです。

そして定期的に排尿をしていれば、

尿で膀胱内や尿道内の細菌を体外に排出することができるので、

原則的には、これで清潔が保たれることになります。

けれど、尿意があるにも関わらずそれを我慢して排尿行為を行わない場合、

膀胱内や尿道内に残留する細菌などが増殖することになります。


この結果、膀胱炎を発症するリスクが格段に増えてしまうのです。

ここが解決の糸口として考えられそうですね........。


【長時間排尿を我慢しないことが大切になります。】

また、ストレスに起因する場合での対策ですが、

これはストレスをためないことが一番の対策になります。

残尿感の解消法


膀胱炎が原因による残尿感は、

医療機関『泌尿器科の内科』での治療を薦めます!

症状が軽い場合は自然治癒をおこないますが、細菌に由来する場合では、

抗菌作用のある抗生物質に類する治療薬を処方してくれるのが一般的治療です。

抗生物質は非常に効果的な内服薬になりますので、残尿感を解消できます。


また、残尿感覚をやわらげる薬が処方される場合がありますので、

効果的な解消を望む場合、内科の泌尿器科で診察するのが一番です。


また、ストレスが原因の残尿感の解消方法は、とにかくリラックスして

体全体の緊張をやわらげることが肝心です。

体が緊張していると、膀胱は交感神経の作用で縮まってしまう性質があり、

これが原因で不快な症状が出る場合もあるので、

リラックスして膀胱を伸ばしておくことが効果的な解消方法です。

また 十分な休息と免疫力を高める食事を食べることも解消方法には効果的。

免疫力が上げることで 細菌などに対する抵抗力もおのずと高くなります。

ひん尿.残尿感に効くツボ


ひん尿や残尿感に効くとされている2つのツボ押しをご紹介します。

一人でもできるツボ押しなので、取り入れてみてください。

  • ひん尿に効く 湧泉のツボ

足裏の中央あたり、親指側の付け根のふくらみと、

小指側のふくらみの間に出来る、人という字の交わるところ。

湧泉

足の甲を手で支えて、親指の腹をツボに当てて、

くぼみの縁を足先に向かって強めにツボを押してください。



  • ひん尿.尿漏れに効く三陰交のツボ

腎臓や泌尿器官の働きをコントロールして排尿機能を整えるツボです。

足の内側の内くるぶしの中心から指の幅4本分ひざの方に上がったところの
すねの骨のちょうど後ろ側の脇あたり



足を後ろからつかんで、骨の脇に親指の腹部分を当てて、
骨の内側に親指を押しこむ感じで押します。




残尿感解消薬


排尿後の尿が残った感じが不快な残尿感に効果があるとされる薬ですが、

11種類の生薬からなる「五淋散」という漢方処方の働きを生かしたもので、

膀胱や尿道などの違和感を取り除くだけでなく、

排尿痛の軽減や、尿の量を増やして菌を押し流す作用をもちます。

五淋散の生薬の働きには、炎症を抑える効果もあります。


ボーコレン 大容量(96錠)[膀胱炎 薬]

頻尿に効くサプリメント


頻尿のせいで睡眠障害になった方などが、このサプリを1日1錠飲み始めて

完全に治ったというレビューもあるくらいのサプリメント !

「注※人によって効果の差があることに留意」

頻尿に悩まれている方は、一度試してみる価値はあると思います。


ディアナチュラ ノコギリヤシ120粒(60日)


残尿感のまとめ



残尿感の症状は膀胱炎や男性では前立腺など、色々な病気が原因となっている

根本的な起因である病気の治療が大切。

未然に防ぐ方法を日常的に行うことが大切。

その方法が解消方法の一つである定期的に排尿する習慣を守る。

ストレスが原因の場合はリラックス、

気持ちを穏やかにすることが解消方法になる。

常日頃 少々のストレスでも負けない体を作ることも必要

免疫機能を高めて抵抗力を高める。

抗酸化能力の高い食材を毎日の暮らしできちんと食べる。

それと同時に日常からストレス自体をためないことも、予防策になります。

アロマの香りで気分を落ち着かせたり、ランプベルジェ製アロマ ランプ...

マッサージを受けたりすることも、リラックス効果が得られます。

その対策と予防策と致しましても大きな効果が期待できます。

これらのことに留意して快適な生活を送りましょう !
Sponsored Links