Sponsored Links

まめまきの歌詞



「童謡 まめまきの歌詞を覚えて(思い出して)子供と一緒に節分を楽しもう ♪」

節分になると、鬼は外♪ 福は内♪~~と言って(歌って)豆まきする...

そんな年中行事も小さいころには、親が鬼の役になってくれて..

それはもうはしゃいだものだった....鬼は外♪ 福は内♪...でも...

豆まきの歌詞ってこのあと続くんじゃなかった..???

童謡 豆まきの歌詞って案外知らなかったなんて人も...聴いてみてください..


①鬼は外 福は内 ぱらっ♪ ぱらっ♪ ぱらっ♪ ぱらっ♪
豆の音(まめのおと) 鬼は こっそり 逃げていく♪

②鬼は外 福は内 ぱらっ♪ ぱらっ♪ ぱらっ♪ ぱらっ♪
豆の音(まめのおと) 早くお入り福の神(ふくのかみ)

童謡『まめまき』 児童合唱


節分に近づくとスーパーなんかでよく流れていたりして、

ア~~この歌詞ね~~なんて思い出します。

実際こんな感じの童謡「まめまき」の歌なんですが、

こんな雰囲気の歌なら、子供たちとの豆まきも楽しくなりそうですね(^_^♪)

豆まきの豆は後で一緒に食べますが、できることなら子供にも食べやすい

福豆がいいと思います。

硬すぎずちょうどよいサクサク感とおいしさ、食べやすく袋で小分けされている

これなんかちょうどいいかと思います。


節分 福豆(煎り大豆) 【100g×10袋】


鬼と言えば...

子供向けの絵本では「おにはそと」がありますが、

絵本に出てくる子供たちと仲良くなるちび鬼ちゃんたちが

とてもかわいらしく描かれていて、

鬼や豆まきの由来も知ることのできるいい絵本です。


Sponsored Links

節分の意味を思い出してみよう。


2月3日は厄払いのために豆をまいて鬼を追い払うのは、

皆さんご存じのことと思います。

節分は、冬の最後の日「季節の変わり目という意味」もあり、

暦の上では、立春の前日「大寒の末日」を示しているんですね。

なので、冬と春とのちょうど節にあたるのが節分と思ってもらうと

わかりやすいですね。


節分の夜には、寺.神社で悪魔を追い払って、春を迎えるための追儺(ついな)が

行われるのですが、これは鬼打ちの所作を演じるというもので、

私達が節分に行う、福は内、鬼は外も、鬼子母神の信者たちは、

福は内、鬼は内と言うそうです。豆をまくという所作の他にも、

いわしの頭を柊(ひいらぎ)の枝「※地方によっては榧の木の枝」に

刺して門口に置くと、鬼が嫌がって逃げていくと言われています。

節分の豆まきは、ますに入れたいり大豆を家の内と外にまいて、

不幸を追い払い、そして福を招き入れるために、

「福は内、鬼は外」と大きな声で叫びます。

そのあと、家の中にまき散らした大豆を自分の年の数だけ食べて、

その年の無病息災を祈るところはご存知かと思います。

鹽竈神社節分祭


鹽竈神社 志波彦神社

宮城県の塩竈市にある鹽竈神社(しおがまじんじゃ)では、

節分祭追儺式(せつぶんさいついなしき) / 陽来福を祈り、

そして悪しきものを追い祓う伝統行事が行われる。

奉仕の年男や年女が各地から大勢参加して、

揃いの裃(かみしも)をまとい「福は内 鬼は外」の掛け声がひしめき合い、

境内の舞台から豆をまく光景は圧巻です。 

Sponsored Links

 カテゴリ

 タグ