Sponsored Links

困った パソコントラブル


「Windows10の仕様に変更してから、ディレクトリ無効という

ポップアップ表示がでて、DVD再生ができず、困っています...」

ディレクトリ無効

このように、【DVDの再生ができない】といったWindows 10での問題は、

当初より言われていました。

Windows 10からはパソコンでのDVD再生は、追加機能として

扱われるようになったという理由らしいのですが、

今まで、Windows Media PlayerでのDVD再生機能が使えないとなると、

これはちょっと不便ですよね。

自分のパソコンもWindows 7からWindows 10へとアップグレードしましたが、

再生機能は一定期間内にインストールすべしとの、制限付きだったらしく

現在、パソコンでのDVD再生もできず、困っていましたが、

解決方法が見つかりました。

以下に、解決した手順を紹介しておきます。

困った パソコントラブル



DVDドライブの有効無効切り替えによる方法



これは、DVDドライブのそのものを一度無効にしてから、

再度有効に戻すという手順で上手く動作するようになります。


デバイスマネージャーを開きます。

デバイスマネージャー

該当のDVDドライブをダブルクリックする。

DVDドライブの有効無効切り替え

「一度無効にしておく」→「有効にする」
DVDドライブの有効無効切り替え

Windows Media Playerでの再生はできませんが、

Windows 10にすでに入っているDVDプレイヤーでのDVD再生は可能となります。

DVDプレイヤー

DVDプレイヤー

DVDプレイヤー

Sponsored Links


注意してしかし、この方法でも解決しなかった事例もあるようで、

このような場合、Windows 10でも再生可能な「DVD再生ソフト」の

インストールをするという対処法もあります。

以下にインストール手順を紹介します。

DVD再生ソフト名「VLC media player」※無料ですのでご安心を

VLC media playerで、ダウンロードする。

VLCメディアプレイヤーの公式ダウンロード

VLCメディアプレイヤー

ダウンロードされたアイコンをクリックしてパソコンにインストール

VLCメディアプレイヤー

日本語でOK

VLCメディアプレイヤー

VLCメディアプレイヤー

VLCメディアプレイヤー

VLCメディアプレイヤー


VLCメディアプレイヤーのアイコンをクリックして起動。

左下の再生ボタンをクリックすると

VLCメディアプレイヤー

こちらの画面が出てくるので、ディスクを選択して再生を押す

VLC

無事にDVDが Windows10でも再生して楽しむことができます。
Sponsored Links

 タグ