気管支喘息で咳き込む女性

気管支喘息発作の苦しみを和らげるため、緩和処置の一つとして気管支を広げるツボや、喘息の初期段階である咳喘息について管理人の体験談を交えてまとめてみました。炎症による気管支収縮で呼吸をする度ヒューヒューと空気の漏れた音が特徴でもありますが、発作時は今すぐ楽になりたい! 助けて! と思うほど息苦しいものでした。以下に紹介する喘息を治すために用いられているツボは一般的に知られているようにツボが体に働くメカニズム同様にその効果には確実性を伴うものではないと言うことを踏まえたうえで紹介させていただく。

■目次一覧


Sponsored Link

喘息に対処するツボ


喘息発作が起こりやすい時間帯の多くは夜中です。自律神経の緊張を緩ませ気管支を広げる働きを目的とする人迎と魚際のツボ。自律神経を安定させる働きのある労宮のツボ押しの方法があります。
『人迎』 (じんげい)
人迎
『喉にあるツボを直接刺激して発作を鎮める』

【ツボの見つけ方】
のどぼとけから左右にそれぞれ指の幅2本分程度外側で指をあてると脈を感じるところを押します。

【ツボの押し方】
親指と人差し指をツボに当てて、首の中心へと呼吸が苦しくならない程度の軽めの力で押します。
喉にある喘息のツボ 人迎

『魚際』 (ぎょさい)
魚際
『呼吸器官の筋肉を緩めて、痙攣、炎症の軽減を目的とするツボ』

【ツボの見つけ方】
手のひらの親指の付け根にあるふくらみの真ん中あたりで親指の骨(第一中手骨)の下の端の外側のくぼみのあるところ。

【ツボの押し方】
手首をつかむようにして親指の腹をツボに当てて、垂直に押したり、円を描くように強めに押し揉んでください。
(左右一緒)
親指の腹にある喘息のツボ 魚際

『労宮』 (ろうきゅう)
労宮
『血行を良くして体内の酸素量を増やすことを目的とするツボ』

【ツボの見つけ方】
手を握って中指と薬指の先端が手のひらにちょうど当たる中間の場所。中指の骨を手首の方へなぞっていくとくぼみがありますが、その少し小指側にツボがあります。

【ツボの押し方】
手のひらを反対の手で挟むようにして、親指の腹をツボに当てて、指先の方へと骨を押し上げる感じでしっかり押します。
手のひらの喘息のツボ 労宮

Sponsored Link

目次に戻る

咳喘息対処体験談


わたしは、咳がのべつ出るような咳喘息になって病院に行き、肺活量を測るように検査室に行っても...その器具をくわえることさえ苦しかったのを覚えています。それで対処法として咳を鎮める薬を貰ったのでした。その咳が続いたことから咳喘息との診断を受けました。喘息の咳を鎮める方法として、飲み薬と吸入薬を続けていました。

その時はおよそ1年間程度吸入薬の利用をしました。咳喘息から喘息に移行させない為だったようです。それでも咳が続いてしまう時は、すぐにうがいをしてマスクをつけるようにします。薬以外で咳喘息を鎮める方法として喉を加湿するのが一番良いと聞きました。温かい飲み物などを摂るのも効果的な感じですがそれは一過性となるので、なるべく長い時間、喉を保湿させたいので甘くないのど飴などを舐めたり、マスクをして出かけたり、特に寝入り端の咳が酷いこともあり、お風呂上りにはより丁寧なうがいをしてマスクをして寝てました。

最初の頃はなれないこともあり何だか息苦しさを感じましたが慣れるにつれ気にならなくなりました。私は口を開けて寝るようで乾燥して喉がいがらっぽくなり、そうすると咳が止まらず、自分自身が苦しいのはもちろんですが家族が心配とその咳がうるさいようで迷惑をかけていたのです。仕事で人に会っているときに咳が止まらず大変な思いもしました。

自分は咳が出やすいと意識して、少しの前兆があれば直ぐに喉の保湿を心がけます。それと、少し熱めのお湯をタライなどに用意して、そこに額から汗が出てくるくらいまで両手をつけておくと喘息の咳も軽くるという方法もあるようです!

あと、子供が夜中に喘息の発作を引き起こす時も親にとっては心配ですが、夜中の喘息発作を静めるには?....これはちょっと応急処置的な方法で
すぐにでも楽にさせてあげたいですよね。私の子供の頃の体験例としてはヴィックスヴェポラッブを胸に塗ってもらいしばらくすると、幾分楽になりましたが、人によっては効果の違いはあるようです。しかし、あくまでも応急処置としてお子さんのために、家庭にストックしておくのもいいと思います。
目次に戻る

急性気管支炎と慢性気管支炎


■急性気管支炎
【主な症状】 ・咳 / 痰 ・下痢 / 嘔吐 ・背中の痛み / 肩こり ・手足部分の筋肉痛と関節痛 ■慢性気管支炎
【主な症状】 ・咳 / 痰 ・呼吸困難 ・チアノーゼ(※これは皮膚や粘膜が青紫色になる症状)

慢性気管支炎は結核や非結核性抗酸菌による感染だけでなく、身体的要因と環境的要因の2つが、この症状の治療を困難にしている要因です。私のようなアレルギー体質「アレルギー性鼻炎」だと発症しやすくなるのが、統計でも明らかにされています。

日本統計では子供喘息は約20人に1人の割合で発症しているそうですが、小さい頃かかっていた時期があっても、成長していくうちに治る場合もあり、約8割は成長段階で改善するそうです。

小児ぜんそくの原因は、アレルギー、大気汚染やたばこの煙、気候の変化、ストレスなどと様々あります。また大人になって起こる『大人喘息』になることもあり、近年増加してるといわれています。働き盛り世代である40歳以上の発症率が半数以上と言われています。溜まったストレスから発症するケースも多いらしいですが、たばこなどもその原因に挙げられます。食物添加物や鎮痛剤によって発症すると言ったケースもみられていますね。
目次に戻る

あとがき


私は20歳から25歳くらいの頃が最も喘息発作が頻発した時期でした。
喘息疾患においての予防対処として、身体の抵抗力を落とさないために規則的な生活を心がけることも大切だとその頃知りました。喘息発作を起こしていた頃は日に三度の規則正しい食事の摂取を怠った挙句に喘息発作を起こしていました。※一食抜いただけでゼェゼェと始まります。

空気清浄機を使う布団カバーを高密度のものに入れ替えたり、(ハウスダスト、ダニ)などが関係していることからお部屋の掃除を定期的に行いアレルギー喘息発作の原因を改善するなどのケアも必要だと学びました。

気管支喘息の方にはアレルギー体質だということも非常に多いので一度アレルギーテストをしてみるのもいいかと思います。病院に行けば血液検査で数日で結果もわかります。今になって思うことは、喘息発作を発症していた時期、喘息を改善するツボなどの対処法の知識もなく、喘息時にやってはいけない、ランニングをしてさらに悪化させていました。

ある意味喘息は、気の持ちよう、精神的な要因がとても大きい症状だともいえます。夜中に喘息発作の発症率が高いのもこんな時間に発作が起こったら、「誰も助けを呼べないじゃない...」という不安心理があります。

もちろんそれだけではありませんし、喘息発作で死亡するケースがあるのも事実なので注意が必要です。メンタル要因とアレルギーなどのフィジカル要因、そして、汚染された空気、ハウスダストなどの外的要因が重なって喘息発作を発症させたという経験で強く感じた感想です。

東京から北海道に帰郷した後は喘息発作に悩まされることも無くなったので、自然(緑、木々)の多い田舎の空気がそれまで疲弊しきった私の気管支にはこの上ない良薬だったのだろうと真に実感したものでした。

Sponsored Link